寒い冬の自転車ライフを快適にするグッズをご紹介!

冬の防寒対策は手元から。

まずは手元の防寒対策。
寒さを我慢して素手での走行や片手をポケットに入れての走行は非常に危険です。
自転車用ハンドルカバーを使用すれば手袋不要で寒さを防ぎ走行することが可能です。
最近はお洒落な柄物や電動自転車専用商品など品揃えも豊富になりました。
用途や好みに合わせてご使用ください。

*手袋も防寒対策にはお勧めですが、自転車で使用する場合には必ず滑り止めが付いたものを使用」してください。

自転車カバー・サドルカバーで結露対策。

出勤前や帰宅の際、サドルが結露で濡れていてズボンやスカートを濡らしてしまった経験はありませんか?
自転車カバーを使用すればサドルやハンドル部分を結露から守り、サドルやハンドルの濡れをふき取ろことなく自転車に乗車することが可能です。
また通勤に自転車を使用されている方々にはサドルカバーが効果的!
裏返し機能がついたサドルカバーなら更に便利。
サドルの汚れや結露による濡れを気にせず乗車が可能です。

前照灯&テールライトで安心の夜間走行。

冬は日照時間が短くなり5時を過ぎると暗くなります。
通勤や通学に自転車を使用される方は必ずライトを装備してください。
ライトには補助灯いわれるライトとJIS基準を満たした前照灯の2種類があります。
必ず前照灯を選んで使用してください。
また、テールライトは後ろから走ってくる車へ自分を知らせるためにもっともお勧めのグッズです。
前照灯と一緒に使用していただくことをお勧めします。

反射素材を使用すれば夜間走行がより安心。

反射材を自転車に貼付すれば夜間の完全対策は更に向上。
フレームや泥除けに貼るだけで車やバイクのライトに反射して自分の位置を知らせてくれます。
側面からの視認性に効果的なので前照灯やテールライト併用しての使用をお勧めします。
一覧へ戻る