新しい年、自転車のある暮らし始めませんか?

クロスバイクについて

スポーツバイクのエントリーモデルといわれているクロスバイクは、ロードバイクの特徴であり軽快な走りの要素とMTBの特徴でもある丈夫さ走行性をかね備えたモデル。
またタイヤのサイズやブレーキの種類・変速パーツの構成によって、よりロードバイクに近い走りが可能なモデルとMTBの走破性に近いモデルが存在します。
「スポーツバイクに興味あり!でもいきなりロードバイクは高額だし続けられるか心配?」と思われる方にもお勧めのモデル。

通勤・通学に自転車を使いたい。

通勤 通学に自転車をお使いの方ならフロントバスケットや前後泥除け ズボンの裾をチェーンに巻き込まないチェーンケースが付いたものがお勧め。
このクラスのクロスバイクにはロック オートライトも標準装備されています。
乗車姿勢やブレーキの制動性能も変わり一般自転車より快適な走行を体感することが出来ると思いますが、デメリットとしてはタイヤが細くなればパンクの発生率も高くなりますので定期的な空気圧の確認や自転車移動時に縁石など段差の乗り降りに注意が必要となります。

シティーユーズだからファッション性も重視したい。

日々の移動手段として自転車を利用している方なら、ファッション性が高くフロントギアは1枚 リア多段変速モデルがお勧め。
勾配の少ないタウンユーザーならリア6段変速で十分。
但しVブレーキ仕様になるとブレーキの制動性能が大幅に向上するので車輪のロックに気を付けてください。タイヤは確実に一般車両より細く薄くなりますので定期的な空気圧の確認や走り方に注意が必要となります。

休日を利用してミドルライトを楽しむ。

休日を利用たポタリングがらはじめ、ロードバイクへのステップと考えているなら本格てきクロスバイクをお勧め。
ハンドルバーの高さを変更することが出来るA型ステム 変速動作に必要なシフティングレバーはグリップ式より1プッシュで確実に変速可能なラピットファイヤー
Vブレーキ仕様なら車輪のロックを軽減する機能「パワーモジュレータ」機能ついたものがお勧めです。
スポーツバイクにはメンテナンスは付き物です。
仏式バルブへの空気の入れ方やタイヤーやチューブ交換はもちろん変速 ブレーキ調整等簡単な作業は自分で出来るように準備することも忘れないでください。

上級モデルでロードバイクのようなの走りを体感。

フラットバーを装着した「フラットバーロードバイク」ならロードバイクと変わらない走行性にクロスバイクの快適性を兼ね備え、走りの楽しさを感じながらタウンユーズからロングライドまで幅広い走行に対応します。

走行前の安全確認 走行以後のメンテナンスには十分気を配り安全走行で楽しんでください。
一覧へ戻る