はじめての本格的自転車掃除、ケミカルメンテナンス!

汚れた自転車を綺麗にする。

たくさん走って思い出を作った後は、本格的なお掃除で自転車を綺麗にしよう!
汚れたままの状態で自転車を保管すると各部品の劣化速度が速くなり金属は腐食して錆び、変速機やチェーン等の駆動部分はスムーズに動かなくなります。
定期的に専用ケミカル剤を使用して自転車をメンテナンスすることで末永いパートナーになってくれます

ケミカルは汚れを落とす①洗浄系と②防錆び潤滑系の2種類。

1 初めてのメンテナンスなら洗浄系と防錆び潤滑系の2本から始めてもOKです。
2 経験のある方は各パーツごとにより効果が得られる洗浄系 防錆潤滑系のケミカ   ルが販売されていますので是非試してください。

先ずは洗浄!砂やほこりを取り除いたら洗浄系のケミカル剤で汚れを一気に落とします。

市販されている散水ノズルのジェット(高圧モード)で汚れやほこりを一気に落とします。
洗浄が終わったらハンドルをとサドルを持って10cm程度の高さから自転車を落とし振動で水切りを行います。
さらにウエスで水分を拭き取ったら洗浄系ケミカルを使いさらに金属粉・油分をウエスで取り除きます。
パーツごとに専用ブラシを使用すればより効果的にしっかりと汚れを落とすことができます。
またハンドルとサドルを支点に自転車を逆さまにすると普段 気づくことが出来なかった汚れを発見することがあります。
自転車を逆さにする際は変速レバーやベル等に注意を払いキズを防止するためにハンドル部とサドル部に段ボールやシートを敷くことをお勧めします。

専用ブラシがあればより綺麗に!

①フレーム ②タイヤ ③チェーンホイール ④チェーン ⑤スポロケット等パーツの形状と特製に合わせて用意された専用ブラシを使えば更に効率良く汚れを落とすことができます。
市販の綿棒や歯ブラシ利用も効果的です。

汚れが取れたらボディーはワックスで保護 メカは防錆潤滑系ケミカルで防錆・潤滑性を向上。

汚れが取れた自転車は無防備なはだかの状態、各パーツに合わせたケミカル剤を注油して保護しよう。
むらの無い様に注油し余分なケミカル剤はふき取ってください。
古くなった下着やTシャツがあれば汚れや余分なケミカルのふき取りにお勧めです!
一度試してみてください。
一覧へ戻る