新学期!自転車点検のすすめ。

点検その1 タイヤの劣化確認と空気圧のチェック

タイヤに劣化は見られませんか?

空気圧は適正ですか?

タイヤのクラックやトレッド(タイヤの溝)の摩耗など、目立った劣化を確認したらタイヤを交換しましょう。

空気を入れる際は、バルブを緩めて虫ゴムの状態を確認してみてください。

劣化が見られるようであれば、虫ゴムを交換してから空気を入れましょう。

適正な空気圧に保つことでペダリングが軽くなります。

点検その2 ブレーキの制動性を確認

ブレーキは効きますか?
前後(左右)のブレーキレバーを握って前方向に体重をかけ、制動を確認してください。

レバーの引きしろは適正ですか?

少しでも不安に感じたら、最寄りの自転車店へ持ち込み、点検を依頼してください。

点検その3 チェーン 変速機能の確認

チェーンに錆びはありませんか?
防錆潤滑剤をスプレーし錆びを取り、余分な潤滑剤はウエス等でふき取ってください。

ペダルを漕ぐとガラガラと異音はしませんか?
チェーンの緩みが原因です。

変速はスムーズに行えますか?

少しでも異常を感じたら、最寄りの自転車店へ点検に出してください。

点検その4 ライトの点灯確認

ブロックダイナモはダイナモを倒して、オートライトはライトの裏にある光センサーを指やテープなどで塞ぎ、前輪を持ち上げて回転させます。

配線の外れや断線がないかを確認し、それでも点灯しないようであれば電球やライト本体の交換が必要かもしれません。

本サイトでは自分で出来る【簡単な】点検方法をご紹介しています。

その他 走行時に異音や異常を感じたり、ご自身でのメンテナンスに不安を感じる方は必ず自転車店に持ち込んでプロによるメンテナンスを受けてください。
一覧へ戻る