自転車での二人乗りは法律により、原則禁止

自転車での二人乗りは法律により、原則禁止

自転車での二人乗りは法律により、原則禁止。
事故の発生する危険性が高くなるので止めましょう。
例えば、ブレーキの効きが悪くなり止まれなくなる。
バランスを崩し転倒しやすくなる。
大切な愛車に悪影響を及ぼします。
例えばパンクのリスク、後車輪の変形など。
法律で禁止されておりますがデメリットがいっぱいです。
ただし法律には「例外」もあります。
「原則」とあるということは「例外」があります。
それは、次のような条件を満たす時です。
一定の条件を満たした自転車及び荷台(リヤキャリア)に、幼児用座席を前か後ろに装着している。
16歳以上の運転者は、幼児用座席を設けた自転車に6歳未満の幼児を1人に限り乗車させることができます。
一覧へ戻る