自転車の!前照灯・尾灯の色は?

簡単にまとめてしまうと!
前方(前照灯)は白色(淡黄色)。
後方(尾灯)は赤色。
考え方は自動車と同じです。
前後を間違えて使用してしまうと、周りで認識する車、歩行者、自転車などに
誤解する情報を発信してしまい思わぬ事故の原因になってしまいます。
前方(前照灯)は近年は電球式からLED化が進んでおり、
ハンドルに取付ける前照灯は白色がメイン化しております。
前輪付近に装着されておりますダイナモライト(車輪の回転で発電)は、
これもLED化が進み白色が増えてきていますが豆球式もまだ存在します。
ご存知のように豆球は色味が淡黄色ですが前照灯になります。
後方(尾灯)は赤色ですので赤色発光のテールライトや赤色リフレクター(反射器材)
を装備、点灯するようにしてください。
コロナ過で3密にならない自転車利用者が増えています。自車の存在を周りに認識してもらううえで、
前照灯、尾灯は有効な装備です。夜間だけでなくトンネル走行時や雨天(曇り)で暗く視界が
悪い時、夕暮れ時など早めの点灯をオススメします。

一覧へ戻る