危ない、傘さし運転!

自転車の傘さし運転は「危険」です。
視界が妨げられる前方への注意がおろそかになります。
雨を避けようと前に傘を傾けるなどすると、さらに前方の視界が妨げられます。
視界が妨げられると、当然ながら人や車両と衝突してしまう可能性が高まります。
片手で自転車を運転することになりますので
自転車のバランスが取りにくい状況なっています転倒のリスクが増します。
片方の車輪にしかブレーキをかけられず、停止までの距離も長くなり人や車に接触してしまう危険性も高まります。
道路を安全に通行するために、傘さし運転は止めましょう。
一覧へ戻る