右左折・停止の合図をお願いおすすめします。

右左折時や、進路変更時、停止時には、合図(手信号)をおすすめします。
1.右折する際の合図(手信号)は右手を真横に伸ばします。(左手を直角に折った示し方もあります)
2.左折する際の合図(手信号)は左手を真横に伸ばします。(右手を直角に折った示し方もあります)
3.停車する際の合図(手信号)は右手を斜め下に伸ばします。
歩行者や自動車が確認してくれるので危険回避につながります。
前方・後方への合図を行い事故を未然に防ぐ走行を心掛けましょう。
一覧へ戻る