安心し走行が出来るよう定期的な点検を!

点検その1 空気圧の点検とタイヤの劣化確認

タイヤに劣化は見られませんか?
タイヤのクラックやトレッドの摩耗など目立った劣化を確認したら新学期が始まる前に交換しよう。
空気を入れる際は、バルブを緩めて虫ゴムの状態を確認してみてはいかがでしょうか?
劣化が確認できるようなら虫ゴムを交換してから空気を入れてください。

点検その2 ブレーキの制動性を確認

ブレーキは効きますか?
前後のレバーを握って前方向に体重をかけて制動を確認してください。

レバーの引きしろは適正ですか?
遊びの調整はブレーキ本体とワイヤーの接合部分に調整機能のが備わっています。

ブレーキワイヤーにほつれや錆びは発生していませんか?
ほつれがあれば交換が必要です。
大きな事故につながる前に交換してください。

点検その3 チェーン 変速機能の確認

チェーンに錆びはありませんか?
防錆潤滑剤をスプレーし余分な潤滑剤はウエスでふき取ってください。

ペダルを漕ぐとガラガラと異音はしませんか?
後輪左右のハブナットを緩めて「チェーン引き」を10mmのナットで時計周りに締めていく事で後輪が後方に下がりチェーンが張られます。

変速はスムーズに行えますか?
変速メカと変速ワイヤの接合部分に変速ワイヤーの張を調整するアジャストがあります。変速ワイヤーのたるみが無くなる程度まで調整することで変速がスムーズになります。

点検その4 ライトの点灯確認

ブロックダイナモはダイナモを倒して、オートライトはライトの裏にある光センサーをテープで塞ぎ前輪を持ち上げて回転させます。
点滅しないようなら電球 LEDライトについては本体の交換が必要です。

点検その5 各部品とねじの緩み

まず自転車の前輪を10cm程度持ち上げ落下させます。
次に後輪を10cm程度持ち上げ落下させます。
その際 普段、聞いたことのない異音やガタ(振動)を感じたら購入した店舗へ持って行き点検依頼することをお勧めします。
*点検された自転車で安心して新学期を迎えてください。
一覧へ戻る