夜間の事故から身を守る保安グッズ!

自分から見た視界を確保と他人から見た視認性を考えた装備をしよう!

一般公道を走る事が出来る自転車には①前照灯(ライト) ②尾行等(テールライ) ③反射材(フロント用・ハンドル リア用・ペダル サイド用・スポークリフレクター)が標準装備されています。

しかし自転車を使用される場所においてはこれだけでは十分といえません。

走行環境や走行時間帯 走行目的に応じて自らの視界の確保や他人からの視認性を考えて保安グッズを揃えてください。

前照灯(ライト)は800カンデラ以上がお勧め!

一般的なファミリー車(軽快車)や子供車にはLEDを採用した前照灯が装備されており街灯のある街中での走行には問題は無いと思われます。

しかし折りたたみ自転車やスポーツ系の自転車にはまだまだ前照灯は装備されていません。

一定の速度で走るスポーツ系の自転車や街灯が少ない郊外を走行される方には前照灯基準の2倍 800カンデラ以上のライトをお勧めします。

ランニングコストを考えると電池式より充電式がお勧めです。

LEDテールライトを追加して後方からの視認性をUP 車からの追突を予防!

LEDは視認性にとても優れています。

標準装備されているテールライトにLEDテールライトを追加すれば後方からの視認性は大幅に向上します。

街灯の少ない郊外の走行はもちろん、交通量が多く車のヘッドライトに埋没してしまそうな街中でも効果を発揮してくれます。

点滅モードでの使用がお勧めです。

ランニングコストと視認性を考えるとUSB充電タイプがお勧めです。

貼るだけで視認性が大幅UP! 横方向(サイド)から視認性をUPするなら高輝度反射ステッカーが一押し!

横方向(サイド方向)の視認性UPに欠かせないが高輝度反射素材を使用したステッカーです。

フレームやシートポストのR(曲がり)に合わせて貼付すれば横方向(サイド方向)からだけでは無く、あらゆる方向からの光に反射させることができます。

世界最高水準の反射性能素材(Reflexite)なら視認性は更にPUします。

身につければ車からの視認性は更にUP! 自転車グッズと合わせて用意しよう。

ズボンバンドや反射ダスキ等、身に着けるアクセサリーグッズも反射材付なら視認性は大幅に改善されます。

走行環境や走行時間帯を考慮して自転車本体の保安グッズと一緒に使用すればより大きな効果が得られます。
一覧へ戻る