年末は「夜間の安全」「防寒」そして「防犯対策」を忘れずに!

2016年もあとひと月 年末に向けて3のカテゴリー商品を改めてご紹介します。

12月は夜の時間が最も長くなる月です。
今一度 ①夜間走行の安全対策 ②防寒対策 そしてこれから年末に増える③ひったくり対策に必要な商品をご紹介します。

夜間走行の安全対策 ①視認性の高いLEDライトがお勧め。

夜間の走行で最も大切なことは自分の存在を車やバイクに認知してもらうことです。
前照灯が付いて入りから大丈夫ということではありません。
車やバイクのドライバーが認識できるようなメッセージを配信することが大切です。
LEDライトは明るく視認性が高いため補助灯としてもお勧めです。
ハイドルに装着可能で点滅機能のついた商品をえらんでください。

夜間走行の安全対策 ②反射材と反射テール

夜間の走行で最も大切なことは自分の存在を車やバイクに認知してもらうことです。
前方向だけではなく後方向やサイド方向から走ってくる車やバイクへもメッセージを配信することが大切です。
LEDテールライトも明るく視認性が高いため補助灯として最も使用されているグッズです。
高輝度反射材と合わせての使用をお勧めします。

冬の防寒対策はやっぱりハンドルカバー

寒さを我慢しながらの走行は大変危険です。
ハンドル操作やブレーキ操作の遅れなどにつながります。
無理をせず防寒グッズを使用して乗車することが安全運転にもつながります。
操作性 防寒性に優れた自転車専用ハンドルカバーがお勧めです。

ひったっく防止にはカゴカバーが一番!

これから年末にかけて増えてくる犯罪が自転車を狙ったひったくりです。
最大の防御はカバンやバックを見せないことです。
カゴカバーを使えばカゴの中身が見えることはありません。
また並走されてカゴからものをとられるといった心配もなくなります。
一覧へ戻る