自転車移動での紫外線対策はお済ですか?

紫外線量は3月の下旬から増え始め、4月、5月になると、その紫外線量はなんと、7月8月とほぼ同じになります。
とくに、肌の奥深くまで届いてしまう紫外線UVAは5月がピークといわれております。
自転車で移動中もしっかりと紫外線対策を行いましょう。

代表的な紫外線予防商品がレースサマーハンドルカバーです。
レース生地で風津市が良く紫外線カット率が99%という優れものが売れ筋です。

ハンドルカバーの中には内ボアを脱着することで年間を通してご利用できるオールシーズ使用できるハンドルカバーものもあります。

スポーツ系の自転車でのご使用や腕まで保護したければレースのロング手袋がお勧め。
使用する自転車や用途に応じてアイテムを選定してください。
一覧へ戻る